読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADVANCEを見にお笑いのライブに通い始めました。

8月21日 帰らない宅急便屋さん

オープニング

立山文学さん曰く、リボンズは地下に潜りすぎていて普段他の芸人と仲良くする機会がない。だから毎月面識のない芸人を呼んで仲良くしようというコンセプトのライブだそうです。
テ「……浜口京子……、残念でしたね……四連覇」
立「俺オリンピック見てないからボケわかんないよ」
テ「……」
立「……だいぶ入りやすくなったと思うのでゲスト呼びましょう」
独特すぎるオープニングトークに「えっ……オープニングトークすごいっすね」と戸惑うADVANCE。
「酔ってます」、「どうせこいつ(テレパシーまさきさん)が変なこと言うだろうしちゃんとした心構えで来なくてもいいと思って」、「2本目のネタはADVANCEとやります!」と浜村さん。
ユ「ずっと言ってるんですよ、冗談かどうかわからない……」
浜「2本やったら疲れちゃうから」
ユ「僕らだって3本やったら疲れちゃいますから」
浜「疲れないでしょあんな漫才!」
カ「疲れるんですよ!」
そして話しているうちにじゃんじゃん出てくるテレパシーまさきさんのヤバすぎるエピソード。とにかくテレパシーまさきさんが口を開いた時の緊張感が半端じゃなくて、多分普通のお笑いライブとは全然違うライブになるということだけは伝わってきました。

前半のネタ

リボンズ:最近ハマっているもの
ADVANCE:職務質問
浜村凡平:語呂合わせ

リボンズの漫才は、事前にYouTubeで見た時は普通の沈黙と思っていた間が、目の前で見るとその場にいる全員がテレパシーまさきさんの次の言葉を息を呑んで、期待しながら待っている時間なんだということが分かって感動でした。その場で見る、見に行く価値がすごくある漫才だと思います……!
リボンズの1本目の漫才が終わった段階で、もう「何を言っても面白い」みたいな空気が完成されてて、ADVANCEも出てくるときからすごく楽しそうでした。前日のパワーオブフリーでの新ネタ?で、一部のくだりが手直しされていたような気がします。「犯罪者歴長いから……しょうがない……(笑)」という笑いながらのアドリブはこのライブだからこそ出てきたんだろうなあというかんじでめちゃくちゃ良かったです。
浜村さんの「語呂合わせ」、生で見られてうれしかったです!

企画:ゲストの人となりを知ろう(ADVANCE)

(ホワイトボードに羅列されてた項目だけそのまま書きます。)
おゆうぎ会/ひみつ基地にホームレス/新ワザ/七夕の日に車にはねられる/お客に説教/卒業式で/前説/ネタ時間2倍

後半のネタ

リボンズ:2本目の詳しい内容は記録し損ねちゃったんですけど、とにかくめちゃ面白かったです……
ADVANCE:楽器屋さん
浜村凡平とADVANCE:こちらも内容は忘れてしまいましたが、面白かったです……

リボンズの2本目は、確かネタ合わせしようって言ったのにテレパシーまさきさんが親御さんと温泉旅行に行った……みたいなくだりがありました。
ADVANCEのコント「楽器屋さん」、ADVANCE FREAKで見たときから好きでしたが、1本目同様アドリブ満載で見ててすごく楽しかったです。
浜村さんは本当にADVANCEと3人で舞台に現れました! ユニット?名は「○○応援団」と聞こえたような気がしたのですが、何て言ってたんだろう。両隣の二人をきょろきょろと交互に見る浜村さんの図がそれだけで面白くて……。超プレミアなものを見せていただきました。

企画:ゲストの人となりを知ろう(浜村さん)

オナニー発表会/ボコボコ/じごくのループ/ガム/ミニ四駆大会/忘年会ライブ/始めたての頃のネタ/父/妹/エアーサロンパス/母

ネタはもちろんですが、とにかく企画が最高でした!ゲスト2組が用意してきたエピソードトークを聞く、というシンプルな企画ですが、ちゃんと話を聞く雰囲気で、テンポを繕うために口を挟んだりすることも、こういう話にはこういう反応を返さなきゃ、という決まりみたいなのもなく、各々が各々の反応をしていたのがとても良いなと思いました。
ADVANCEと浜村さんのエピソードトークは、どれもぼんやりと薄暗くて、私小説みたいでした。特に浜村さん……。安岡章太郎とか山川方夫を思い出しました。聞いていて、この人たちがお笑いを始めてくれて本当に良かったなあ、とか、幸せになってほしいなあ、とかこの場にいてこのライブを見ることができて幸せだなあ、とか色んな感情になりました。

尋常じゃない緊張感で始まったのに、だんだんそれぞれの人柄、良さが滲み出てきて、最後にはそこにいる演者さん全員を大好きになってしまうすごいライブでした。お笑いのライブに行き始めてわりとすぐこんなライブが見られてとんでもなくラッキーでした! 幻みたいに素晴らしいライブをありがとうございました。

このことをずっと覚えていたくて、客入れBGMだったnever young beachのCDをツタヤで借りて帰りました。よく聴いてます。