読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADVANCEを見にお笑いのライブに通い始めました。

8月5日 M-1一回戦 8月20日 パワーオブフリー(S) ココからコレから

8月5日 M-1一回戦

シアターモリエールの場所は、その界隈に立ち入ったことはあるもののそこに劇場があるとは思ってなかったところにありました。私にとっては新宿Fu-もまさにそうで、RADIO ALIENの新宿Fu-への行き方を説明する番外編(【番外編#10】RADIO ALIEN ADVANCE FREAK PR動画その3 - YouTube)を聞いてえっ!? 近!と思いその数日後に場所だけ確かめに行った思い出があります。おかげで7月のライジングオレンジの時は迷わずに行けました。閑話休題
ADVANCEで笑う層の中にいたくて、芸人さんや男の人は後ろの方で見ると聞いていたので後ろの方に座りました。すると両隣の人が何か一生懸命メモしながらネタを見ているという環境に一定の時間置かれ、その時は他の人たちがどういう風にM-1を見ているかというのを知らなかったので、なんだかすごいところに来たなあ……と思いました。
ギオルギーがすごく面白くて、帰ってから調べてみると去年ピースの「ラジオな二人」の若手ネタ見せコーナーに出てきて片方の人が「又吉さんに憧れて髪伸ばしてます」って言ってて、やっぱり好きなかんじでそのあと調べたコンビだ!ということがわかり、好きと好きがあっさりと線を結んだことにびっくりしました。
ADVANCEが舞台に出てきて、「それまで聞こえなかった層の笑い声が聞こえるし、むしろそればっかり聞こえる」と思いました。笑い声が1オクターブ低いというか……それまで笑い声が聞こえてこなかった左隣の男性が、ADVANCEの時に初めて「フフ」と笑ってて、こういうことか! と。笑いのない時間の少なさ、無二の設定、言葉選びが最高でした。全ての笑いどころで会場の特定の層を正確に、確実に笑わせているというかんじでした。ただ、一つ前のAマッソがとにかくウケていたので(めちゃくちゃ面白かったです!)、二組連続で通過ってあるのかな……などと勝手な心配をしたりしました。でもハケる時の二人の笑顔が本当にキラキラしてて、誰よりも楽しんで漫才をしたんだなあという印象を受けたので、大丈夫だとも思いました。M-1公式ツイッターのツイートにADVANCEの名前があって、心の底から良かった、と思いました。
ランジャタイはそれまでで一番会場を盛り上げてました。客側の高揚感も半端じゃなかったです。なんとなく締めの「ありがとうございました」は伊藤さんが言うのかなと思っていたのですが、国崎さんが急に真顔に戻って早口で「ありがとうございましたー」と言いながら一礼してさっさとハケていったので、驚くと同時に、こっちの方が圧倒的に良いな、と思いました。最後に国崎さんがこちら側に戻ってくることで、今まで見ていたものが、「狂気と天才は紙一重」の天才の方だったんだ、と分かるから、というか……この場合、狂気は「見てしまう」もので、天才は「見せてもらう」もの、というかんじがするので、実は今見た漫才はめちゃくちゃ計算されたものだったんだっていう、すごい推理小説の種明かし的な感覚があるような……。夢の中に置き去りにされたような心地のまま、とにかくまたランジャタイを見に行かなきゃ、と思いました。
全体の感想としては、本当に見て良かったです。噂のランジャタイを見るためにFブロックまでいたのですが、90組の漫才を一度に見るという体験をして、「漫才には上手い下手がある」というのが初めてわかりました。アマチュアの多いブロックは漫才よりも漫才中に客が露骨に帰るのがつらかったです。テレビにはそれができる人ばかり映るから当たり前と思ってしまうけど、舞台に堂々と立つということはそれだけですごいことなんだ、ということもわかりました。芸人さんに対する尊敬の気持ちが増した一日でした。

8月20日 パワーオブフリー(S)

初めて下北沢に上陸し、シアターミネルヴァに行きました。あ、「地下芸人」って言葉は本当に劇場が地下にあるから「地下芸人」って言うんだ、と学びました。
既に解散の発表をされていた黒猫の背中がめちゃくちゃ面白くて、ウケてて、1位をとってました。私も票を入れました。寂しかったです。
あとはかが屋を初めて目の前で見られました!佇まいが素晴らしく良く、二人の醸し出す空気が濃くて、舞台役者さんみたいだと思いました。中MCで曇天三男坊さんに「白いシャツ着てた方、賀屋っていうんですけど、iPhoneの待受が明石家さんまなんですよ」と明かされてました。
セントラルパーク、ひぐま岬、マチュピチュ、うどんマンが面白かったので、他のネタも見てみたいです。

ココからコレから

ガクヅケが落語のネタで、泡の香りが客席まで漂ってきてすごく面白かったです。次に出てきたコルが、「泡残ってる……」って靴の裏で消そうとしたり、オチに「すべってしまった……泡だけに」ってアドリブしてたのが好きでした!
企画はユニットのリーダー決めで、みんなをまとめるリーダーはまずコンビ間の仲が良くなくてはということで、コンビ芸披露大会でした。
コンビで息ぴったりなところを見せよう、という趣旨でしたが、ADVANCEの時に本人たちはもちろん他の人も一言も双子に触れなくて、すごいな……と思いました。
「二人羽織でビックリマンチョコを開封して食べる」芸を披露したコルがユニットリーダーに就任しました。